カタログ請求はこちら

  • HOME
  • クレスカーサとは
  • 間取り
  • 外観・インテリア
  • 高い基本性能
  • 建築実例

HOME > 建築実例 > 岡山県D様邸

岡山県D様邸のこだわり

D様邸のこだわりをご紹介

D様邸は東側の玄関を入ると吹き抜けのホールを介し、家族が集まるリビングにアクセスできます。キッチンからリビングダイニング、和室までワンルームのようにオープンな間取りは、家族の絆を深める一方、玄関からは独立しているため、プライバシーにも配慮しています。また、キッチンとサニタリーを近くに配置することで、家事の負担を軽減させています。

一方2Fはホールを中心に個室を配置し、家族それぞれのプライバシーを配慮しています。

オープンな1Fとプライバシーを確保した2F、それぞれの性格をはっきりとさせることで、メリハリのある空間を作りだしています。

家づくりのテーマはシンプルモダン

ブラウンのアクセントが効果的な外観

当初から外観は白と決めていました。ただ、全部真っ白というのも面白くないので、玄関のある東側正面をブラウンにすることで、アクセントを作りました。南側の多くの窓を配置したので、明るく暖かい家になっています。

自然と家族の集まるリビング

壁と天井に同じクロスを張ることで統一感を出しました。照明は全部埋め込みにし、天井の縁取りもやめることで、空間に広がりが出るようにしました。壁のファンクションウォールはとても気に入っています。家に遊びに来る友人も、みなさん「これ、いいね」って言ってくれます。

子どもに大人気、黒畳のタタミルーム

和室は黒い畳とカーテンで色彩を統一しました。子どもたちが「黒いタタミだ!」と言って喜んでいます。今は主に子どもたちの居場所で、宿題をしたり、遊んだりしています。リビングに続いた和室は子どもに目が届いていいですね。

ブルーをアクセントにしたキッチン

家に入ってきてすぐに目に入るのがキッチン。そこでアクセントとして、扉などは青を選びました。ただ、あまりに青すぎると浮いてしまうので、青といっても、黒に近い青を選びました。

子ども部屋は可動収納でフレキシビリティを確保

子ども部屋は可動収納で2部屋を確保しています。子どもの成長や独立にあわせて、柔軟に間取りを変更できるようにしました。以前は兄妹で一部屋だったので、特に長男は個室のある今の家をとても気に入っているようです。

カタログ請求はこちらから もっと詳しく、クレスカーサをお知りになりたい方はこちらから。


page top