対象エリア:青森・秋田・山形・新潟・富山・石川・福井 等多雪エリア※

建築実例

秋田県G様邸

基本データ

シングルやディンクス向けのアパートは、他の入居者との生活スタイルが違い、子育てするには住みづらさを感じ、自分たち家族だけの暮らしを実現できるマイホームという考え方に変わったG様ご夫婦。そして、アパートと同じ地区の秋田県大仙市内に分譲地を見つけ、子育てを中心のプランにこだわった、思い通りの新居を完成されました。
今回は、その子育てプランへの思いと、クレスカーサをお選びになった理由、そして実際の住み心地について、G様ご夫婦に感想をお聞きしました。

クレスカーサNを選んだ理由

後悔しないように、住まいづくりのための視野を広くした

今回、新居の新築にあたり、どのような流れで家づくりを進められたのですか?

新築を考えるようになった大きなきっかけは、アパートでほかの入居者に気を遣いながら暮らすことに、窮屈さを感じたことでした。そうした中で子育てはできないと思い、マイホーム新築を決断したのです。親との同居という話もあったのですが、今回は私たちだけの生活を選びました。

はじめは地元の工務店の完成内覧会に2~3回参加したのですが、自分たちの気持ちも固まっていなかったせいか、見るたびに「何か違うなぁ」と感じてしまい、決定打が見つけられませんでした。そんな中、ハウスメーカーも見ようと、セキスイハイムのモデルハウスを見学しに行ったことがセキスイハイムとの出会いです。セキスイハイムのモデルハウスには高級感があり、価格は高そうなイメージだったのですが、「これだ!」と決めることができました。

知人から、工務店からは大丈夫といわれた土地も、セキスイハイムでは古い地図で昔近くに川があったことを確認して、敷地整備の必要性をアプローチされたと聞きました。そこで、地元中心で古くからある工務店も良いけれど、家づくりはもっと視野を広くして、後悔しないようにしようと2人で話し合い、セキスイハイムで進めることを考えました。

新築を建てるのであれば、少し他人と違うことをしたかった

今回、クレスカーサNをお選びいただきましたが、その理由を教えてください

はじめは積雪地帯に合った商品・パルフェで、家づくりを進めようとしていました。そこへ、近々リリースされる新製品ですと案内されたのがクレスカーサNでした。価格も抑えられ、若い世代向きの住まいであると説明されました。案内カタログと、発売後の本カタログ、そして展示場の各部品などを見て決めていきました。

最初の印象は、「建物がかっこいい」でした。この周辺の家は昔ながらの住まいが多く、デザインされた家はほとんどありません。新築を建てるのであれば、少し他人と違うことをしたいと思っていましたので、秋田では初めてクレスカーサNを建てることにしました。

2人で何度も話し合い、子育てを重視した家づくりプランを作成した

家づくりのプランはどのように決められたのですか?

私たちは家づくりをはじめるにあたって、子どもが遊んでいる姿を見られるようにしたい、隠れる場所がないようにしたい、と考えていました。また、子どもが帰ってきてすぐに部屋へ行ってしまうようなことは嫌だったので、階段はリビングの中に設置したい、という希望がありました。

そのため、プランづくりは営業の方からの提案をベースに、2人で何度も話し合い、そのつど営業の方に伝えました。あるときは、夜8時を過ぎていたのですが、電話したらすぐアパートまで来ていただきました。とても親身になっていただき、感謝しています。

外観イメージは、はじめは上下のツートンのご提案だったのですが、いろいろと変更しているうちに、玄関の縦ラインを変える案にまとまりましたね。

ウォームファクトリーで実現した、外とは別世界の暖かさ

今回はクレスカーサNの家を建てられたわけですが、どの部分に共感されたのですか?

これまでは冬になると、石油ファンヒーターだけでは足りずに洋服を何枚も重ね着して、何とかしのいでいました。そのため、ウォームファクトリーによる暖かい家には興味がありました。

10月末ごろから冷え込みがきつくなり、スイッチを入れたのですが、帰宅してきたときに玄関に入っただけで別世界の暖かさを感じることができ、非常に感動しています。買い物に行こうと、そのとき着ている服のままで家を出ますと、皆さんは冬物のコートをきちんと着ているのに、妻はセーター1枚ということがありました。外がとても寒いことにも気付かなかったことに驚いています。

また、妻は冷え性で困っていたのですが、この家で暮らし始めてからは、朝もスッと起きられるようになりました。足がとても暖かく、住んでみて予想以上に住みやすい家だと感じています。

クレスカーサNのおかげで、家へ帰るのがとても楽しみになりました

クレスカーサNでの暮らしをはじめられて、何か変わったことはございましたか?

この家を建ててから、とにかく早く家に帰りたくなりました。以前、アパートで暮らしていたころは、毎週のように実家に帰っていたのです。ところが、この家で暮らし始めてから、実家にもあまり帰らなくなってしまいましたね。

妻の実家からも、なぜ来ないのかと電話があるのですが、この家がとても快適なものですからどこにも出かけたくないのです。

いつでも快適で高品質な住まいをあなたに
北国の厳しい気候風土にも対応できる、業界最高レベルの性能を備えた高品質の住まい。
無駄を削ぎ落とした、飽きのこない洗練されたデザイン。
これからの時代にふさわしい、シンプルだけど豊かな暮らしを求める人に届けたい。
そんな思いをこめてセキスイハイムがご提供するのがクレスカーサです。

更に詳しい資料をお送りします

※地方自治体が定める積雪量150~200cmのエリア。詳しくは、営業にお問い合わせください。

PAGE TOP