カタログ請求はこちら

  • HOME
  • クレスカーサとは
  • 間取り
  • 外観・インテリア
  • 高い基本性能
  • 建築実例

HOME  >  間取り  >  間取りの検討ポイント

間取りの検討ポイント

間取りを検討するにあたって、大切なことがいくつかあります。まずは自分に合った間取りかということ。この当然すぎることを、どこまで追求しているか、が間取りを選ぶときの大切なポイントになります。
次に、長く住み続けられる住まいか、ということも重要なポイントです。家族や生活の変化に合わせて、間取りのアレンジができることはとても重要です。生活をしていれば必ず訪れるライフステージの変化と、それに対応する空間の柔軟性を備えた住まいかどうかは、間取りを検討する際に気をつけておきたいことです。

リビング内階段

階段を住まいのどこに設けるかによって、家族のコミュニケーションの質と量が変わるといわれています。「リビング内階段」は、コミュニケーションが不足品がちな現代の家族のために考え出された知恵のひとつ。リビング内階段を設けることにより、子ども部屋や夫婦の居室に行くためには必ずリビングを通ることになりますし、各階の声や出入りの音が自然と他の階に感じられるようになります。家族のちょっとした変化にも気づきやすいのが、この「リビング内階段」なのです。

スタディーコーナー

空間を無駄なく活用した「スタディコーナー」。クレスカーサの「スタディコーナー」は、あえてオープンなスペースに配置しています。子どもが小さいうちは、個室を与えるよりもオープンなスペースで家族のコミュニケーションを図りたいもの。また家族共用のパソコンを置いたり、家計簿コーナーを作ったりと、子どもだけでなく、それぞれが忙しく働くご夫婦どうしや、帰りの遅いパパと子どもとの、日常的な会話のきっかけの場所としても注目です。

カタログ請求はこちらから もっと詳しく、クレスカーサをお知りになりたい方はこちらから。

page top