カタログ請求はこちら

  • HOME
  • クレスカーサとは
  • 間取り
  • 外観・インテリア
  • 高い基本性能
  • 建築実例

HOME  >  クレスカーサとは  >  「結婚と同時にマイホーム」の新常識  >  3 ワンランク上の、エコライフ

  • Chapter01 住まいづくりのベストタイミングは今!
  • Chapter02 「結婚+マイホーム」5つのポイント
  • Chapter03 「結婚+マイホーム」の空間づくり
  • Chapter04 HAPPY LIFE SCENE

「結婚+マイホーム」 5つのポイント

3 ワンランク上の、エコライフ

エコに徹した家をつくって、毎日の暮らしをエコにつなげることができます。自分スタイルの無理のないエコライフから、将来の安心とゆとりが生まれます。
最新のエコ設備を取り入れて、暮らしへのやさしさと地球環境へのやさしさの両方を得られるのも、新築時がチャンスです。たとえば創エネを担う「太陽光発電システム」を設置すれば、光熱費ゼロの暮らしを実現しながら、同時にCO2削減により地球環境保護に貢献することができます。また、戸建て住宅では庭をつくり、自然にふれあう楽しみも。たとえ小さな庭でも、街並みに緑が増えることは、ヒートアイランド防止に役立つなど、子どもたちの世代に豊かな環境を残すことにもつながっていきます。

安全・快適なオール電化住宅

家じゅうの設備の熱源を電気で一本化した「オール電化住宅」は、安全・快適で、環境にも家計にもやさしい住まいです。キッチンには熱効率がよく、不完全燃焼などの心配がない「IHクッキングヒーター」を設置。給湯には空気中のCO2を利用して高効率でお湯を沸かす「エコキュート」を採用。割安な深夜電力を利用できるため、光熱費を大幅に削減することができます。

太陽光発電システムで創エネ

省エネとともに考えたいのが、創エネによる光熱費の削減です。「太陽光発電システム」は、無尽蔵のエネルギーである太陽光を、屋根に設置する太陽電池モジュールで集めて電気を出力し、家庭で使用する電気をまかないます。地球温暖化の原因となるCO2を排出せず、また、発電して余った電力は電力会社に売電することができます。

自然光、風を取り込む多彩な窓

省エネは大切なことですが、だからといって閉鎖的になってしまっては、快適な住まいとはいえません。「ピクチャーウインドウ」は、外部の自然との一体感が得られる大開口のガラス窓。高い断熱性能を備え、開放感と省エネを両立させます。また、「ホライゾンウインドウ」は、風景をパノラマのように切り取る横連続開口やトップライト。窓を開放すれば、爽やかな風が家中に巡ります。

環境デザイナーが語る自家菜園から始めるエコライフ ハーブプラネット代表・中村直人

若いヘチマはアジアではポピュラーな野菜。スープや炒め物にすると美味。

子どもを授かると、安心できるものを食べさせたいと本能的に思うもの。新しい家庭を築く2人の歩みはエコロジー(共生への道)といっていいかもしれません。
家庭=家と庭。だから、小さくてもよいから自家菜園のある暮らしを楽しんでほしいと思います。自分で食べる野菜を自分の手で育む。日々の栽培を通して、自然環境や命を慈しむことにつながるでしょう。ゴーヤやヘチマなら、バルコニーのプランターでも簡単に栽培でき、忙しい2人におすすめ。日よけの「緑のカーテン」にもなります。

「結婚と同時にマイホーム」にオススメの家
新居を「建てる」という方法がリーズナブルにかなうとしたら――。「クレスカーサ」は、イタリア語で「成長する家」という意味が込められた、新婚さんにぴったりの住まい。業界最高レベルの耐久性、耐震性を備えた、60年以上安心して快適に住み続けられる住まいです。

さらに詳しい資料をお送りします

Chapter02「結婚+マイホーム」 5つのポイント
1.賃貸よりも、経済的
2.ずっと、安心
3.ワンランク上の、エコライフ
4.心強い、ご近所付き合い
5.徹底して、ストレスフリー

page top