カタログ請求はこちら

  • HOME
  • クレスカーサとは
  • 間取り
  • 外観・インテリア
  • 高い基本性能
  • 建築実例

HOME  >  クレスカーサとは  >  「結婚と同時にマイホーム」の新常識  >  「いつもきれいでいたい」をかなえる空間づくり

  • Chapter01 住まいづくりのベストタイミングは今!
  • Chapter02 「結婚+マイホーム」5つのポイント
  • Chapter03 「結婚+マイホーム」の空間づくり
  • Chapter04 HAPPY LIFE SCENE

夫婦円満を長持ちさせる! 「結婚+マイホーム」の空間づくり

「いつもきれいでいたい」をかなえる空間づくり

1.入浴は、格好のエステタイム

浴室は、仕事や家事の疲れを癒し、心身ともにリフレッシュする場。女性にとってはブライダルエステで磨いたボディをキープするホームエステ的存在になります。予算の限られた住まいづくりでは浴室・洗面は機能的でさえあればいいと考える方もいることでしょう。しかし、少し広さにゆとりがあるだけで、ぐんと快適になることを知っておきましょう。
気分に応じて明るさを調整できる調光照明や水中照明があれば、リラクゼーション効果もアップ。また、ジャグジーやミストサウナ、マッサージシャワーがあるとラグジュアリーな気分になるでしょう。
浴室テレビを設置したり、オーディオと接続するとさらに快適。浴室の庭であるバスコートを設ければ、2人で湯あがりにビールを一杯など楽しみが広がります。

2.グルーミングが楽しくなる洗面室

2人の一日をスタートさせる場、しめくくる場として考えると、洗面・脱衣室は居心地のよい居室ライクな空間が理想。といっても、面積自体は限られていますから、白を基調にした内装にして広く見せたり、収納をたっぷりとれる洗面化粧台を使うなどして、すっきりと見せましょう。
おすすめアイテムは、濡れたままでも腰掛けられる樹脂や籐製の小ぶりなスツール。湯あがりにほっとひと息つくときや、ドライヤーを使うとき、スキンケアなどに役立ってくれます。

今も将来もベストフィットな空間づくり

1.成長に応じた子ども部屋のつくり方

子ども部屋は、成長に合わせて空間を変化させられることが理想です。たとえば、お子さんが2人の場合、14畳ぐらいの細長の大きな部屋の真ん中にドアを2つ設け、両サイドに窓を配置しておきます。小さいうちは1部屋を2人で広々と使い、成長して個室が必要になったら、キャスター付きの可動間仕切りや可動建具で2つに区切ることが容易にできます。完全に仕切らずに一部を開放したり、半透明のファンクションウォールを使うなど、空間を自由に変えることができます。

2.LDKの一部にフレキシブルな畳ルーム

リビング・ダイニング脇にタタミルームを設けておくと、遊びにきた両親が泊まれる客間として使えます。いつもは引き戸を開放して、ごろ寝スペースとして使ったり、洗濯物を畳んだり。お子さんが小さいうちは、ここでお昼寝すれば、キッチンからも様子が確認できるので安心。遊び場としても活躍する子育てサポート空間です。また、お雛様や五月人形を飾るスペースにもなります。

「結婚と同時にマイホーム」にオススメの家
新居を「建てる」という方法がリーズナブルにかなうとしたら――。「クレスカーサ」は、イタリア語で「成長する家」という意味が込められた、新婚さんにぴったりの住まい。業界最高レベルの耐久性、耐震性を備えた、60年以上安心して快適に住み続けられる住まいです。

さらに詳しい資料をお送りします

Chapter03「結婚+マイホーム」の空間づくり
家中がコミュニケーションスペースになる空間づくり
ケンカの原因にもなるストレスを生まない空間づくり
「いつもきれいでいたい」をかなえる空間づくり
今も将来もベストフィットな空間づくり
経済的なゆとりを生む空間づくり
2人の歩みを飾る空間づくり

page top